尋常性乾癬相談室は尋常性乾癬で悩んでる方の相談サイトです。

尋常性乾癬

現状の“皮膚治療”ではなく
"体内矯正"で尋常性乾癬を永久改善。

尋常性乾癬で同じように悩んでる方が沢山おられます。また 治った方も沢山おられます。 現状から逃げずに正面から受け止めるだけで70%は改善したのと同じことです。「病は気から」立ち向かう気持ちをつくれば長年苦しんできた乾癬を克服していただけると思います。 「ひとりで悩まず一緒に改善しましょう」

尋常性乾癬専門相談室 最新ニュース

尋常性乾癬悪化の敵
紫外線・湿気・汗から皮膚を守る!乾癬体内矯正療法

特に梅雨、夏場は、皮膚から皮脂の分泌量が増えるので、皮脂が空気にふれると酸化が進み、尚且つ紫外線にもさらされ、活性酸素によって過酸化脂質が作られ、尋常性乾癬の炎症をさらに酷くし、最悪なものにします。 本来強い味方の表皮善玉菌は、皮脂の酸化によって生じる活性酸素を分解し、その毒性を弱めてくれるのですが、夏バテなどで栄養障害が起こるとその機能を発揮することができなくなります。 そこに大きなストレスなどが加わると、交感神経が優位になり表皮悪玉菌が大暴れ、いずれにしてもジメジメした梅雨時期に症状が悪化することが多いようです。 特に、梅雨時期の湿気、暑さによる汗、皮脂の酸化が、表皮常在菌の増殖を助長し、悪玉菌による炎症に気をつける必要があります。すぐにステロイドの塗布ではなく、除菌、消毒が正しい考え方です。
活性酸素と紫外線の問題 続きはこちら»

尋常性乾癬の原因のひとつとして考えられるストレス。

体に対してどのような関わりが考えられるのか!

負のスパイラル

尋常性乾癬は、
"皮膚病"という概念を棄てなければ根本的改善はできない

尋常性乾癬は皮膚病ではなく免疫系の症状です

「尋常性乾癬」 皮膚に問題があるのではなく、体内に根本的原因がある。
皮膚の炎症や角化症状を抑えるために、ステロイドを含め、市販のクリームやローションをいくら塗布しても、自律神経が支配する皮膚入替周期を改善しない限り根本的改善はできない。

尋常性乾癬が発症すると、通常4週間かかる表皮入替り周期 (皮膚深層部の基底層で作られた新しい皮膚が表皮角層までに押し上げられ、古い皮膚は垢となり剥がれていく正常周期)が、 患部に関しては、約5日で入替わるため、定着していない新しい皮膚がどんどん剥がれていくことで炎症が起こるのです。

» それではどうしたら皮膚入替周期を改善できるのか!

尋常性乾癬Q&A尋常性乾癬では注意

「病は気から」 3系を活性させよう!

「病は気から」のメカニズム!

病は気から特に病気に関わる器官で「免疫系」「内分泌系」「脳神経系」の3つの系があります。今までこの3つの系は別々に働いていると考えられていましたが、実は、この3系は密接に関わりあっていることが分かってきたのです。

この3系(内分泌系・免疫系・脳神経系)がお互いに信号を送りあい健康が保てるようになっています。逆にいうと、この3系の1つの働きが低下すると3系のバランスが乱れ、あらゆる疾患が発症するのです。例えば、大きなストレスを感じたとき、脳神経系は免疫系にも内分泌系にも上手く信号を送れなくなり、免疫力が低下し、ホルモンのバランスが乱れてくるのです。「病は気から」という言葉はこういうメカニズムで証明されるのです。

更新履歴

お問合せ