尋常性乾癬 改善レポート

尋常性乾癬
尋常性乾癬
尋常性乾癬

" 乾癬体内矯正療法 " の
実力の証明をご覧下さい!

乾癬体内矯正療法で尋常性乾癬を改善された、また、現在改善にむかっている方々の体験談を掲載しております。 同じような症状の方の体験談なんかを是非参考にしてみて下さい。

尋常性乾癬改善報告
体験談トップページ → 乾癬体内矯正療法のおかげで旅行に行きたい気持ちが湧いてきました!

尋常性乾癬改善体験談 #7

相談室長の武西です。■武西所見: S・Yさんの場合はまずメールで、30代半ばからお酒やタバコの量が増え、外食も多くなったと書いておられましたので、栄養欠損が必ずあると確信していました。(栄養欠損があれば、自律神経が不安定になり乾癬発症の火種を作りやすくする!)
特にお酒を飲むと体から出やすいビタミンB1・ナイアシン・パントテン酸・亜鉛・マグネシウム又タバコで消費されやすいビタミンCなどは特に補給が必要な状態だと判断しました。
また脂肪肝も発症していると書いておられましたので、たんぱく質の不足も考えられました。 S・Yさんの食生活から考えて、不足しがちな栄養素の集中的な補給をまず第一に考えました。運動もほとんどされておられないことから考えて、体の代謝が低く食べた栄養素の利用効率が悪いと判断しました。
毎日の食生活を見直され体の栄養状態が改善されてきた頃から、自律神経・免疫・ホルモンの3系バランスも引きずられるように統制され始めて、気分的にも落ち着き、イライラする事も少ないとの事で、自律神経の働きも安定していると判断します。 S・Yさんの場合は1年でかなり効果が出ていますが、比較的早く効果が出ている事例です。 今後も食生活や生活のリズムを崩さないようにお話しております。

「この病気は治りませんよ」
5人の皮膚科医に相談しても、帰ってくる言葉は同じでした。
神奈川県 男性 45歳 S・Y様

今から、3年ぐらい前に左腕の肘から上あたりに、ぽつぽつぽつと痒みのある少し赤みの帯びた発疹ができました。始めは気にすることなく痒いのでかいていました。 夜寝ている時も、無意識に掻いていることが多いようでシーツにも血の跡がついていることがよくありました。

昼間も痒みでイライラし我慢しようとしてもつい服の上から掻いてしまい段々と皮膚が盛り上がり始めて、ぼろぼろと白い粉が落ちる状態でした。 さすがに心配になり皮膚科に行くと、乾癬と診断されました。

「この病気は治りませんよ」と一言で言われてしまい、ショックを受けたこと昨日の事のように覚えています。 この医者は治す気がないのかと怒りと不信感に苛まれ、それから4人の皮膚科医に診てもらいましたが、帰ってくる言葉は同じような内容で諦める気持ちが強くなりました。

医師から出されたステロイド軟膏を塗ると嘘のように痒みが治まるのですが、塗薬を止めるとまた痒みがぶり返しの繰り返しでした。 それから段々広がり右肘や背中にまで広がっていました。頭の中はいつも乾癬のことばかり考え、人の目が気になりストレスも溜まっていたように思います。

そんな時に、インターネットでたまたま検索していて乾癬体内矯正法のことを知りました。20日ほど悩みましたが、その間メールで質問したり資料も送ってもらい、分からない所は直接電話で聞いてもみました。

飲用2か月を過ぎたころから、友達に「顔のしわが目立たなくなった?つるつるしてる」と言われ、その頃から乾癬の状態が好転し始めました。そして乾癬の症状が落ち着くにつれて飲み方を変えていきました。

現在飲用して1年を経過しました。両肘・背中とも赤みを少し帯びた状態ですが盛り上がりはありませんし、ぼろぼろと皮膚が削げ落ちることもありません。人に見られても気にならないことがうれしい日々を過ごしております。

お問合せ